guiltyの陵辱系エロゲーはおかずに最高!guiltyファンが激推しする作品【BEST8】

guiltyの陵辱系エロゲーはおかずに最高!guiltyファンが激推しする作品【BEST8】

輪姦系のエロゲーは、guiltyなしでは語れません。老舗のエロゲメーカーで、CGのレベルは陵辱系エロゲーの中で最高峰。陵辱のレベルも高く、レイプでは前戯なしでまんこにちんこを突っ込むなど、リアリティあるのも最高。

今回はguiltyマニアのエロゲーマー筆者が、guiltyエロゲーの良いところ・悪いところ・おすすめ作品を語り尽くします!guiltyの作品を購入したい方は、是非参考にしてみてください。

目次

輪姦される女の子が多い「guiltyのエロゲー」はおかずに超使える

guiltyのエロゲーは、女の子を輪姦するようないわゆる陵辱系が多いです。シナリオよりはエロシーンを重視する「ヌキゲー」を中心としており、エロシーンの濃厚さは陵辱系でもトップレベル。まさに「有罪」です。

アリスそふともなかなか陵辱色の強い作品傾向であるが、guiltyと比較すると輪姦色は強くありません。ゲーム性を重視しているため、特にエロゲーにRPG要素や経営ゲーム要素を求めない人はguiltyの方が良いでしょう。

他に陵辱系のエロゲーといえば、「アトリエかぐや」があげられます。こちらはguiltyに比べると近親相姦が多く、ニッチな要素が強い印象です。その点guiltyは近親相姦系が苦手な方におすすめと言えます。

ちなみに陵辱系エロゲーは商業以外にも、同人エロゲーで多くリリースされている印象。商業ではできないようなマニアックなシチュエーションをウリにしており、「みさくらなんこつ」「73号坑道」あたりが界隈では有名といえるでしょう。

大きくヒットした作品はありませんが、筆者的にguiltyの代表作は「ヘルタースケルター」だと思っています。母娘が村の男達に輪姦されるのですが、その輪姦するモブ男達が本当に多い。それが輪姦好きの心に刺さったのか、ネット通販のサイトを見る限りかなりレビューの数も多いです。

「ヘルタースケルター」以前も以降も、安定した作品のクオリティを保っています。打率は良いですがホームランはなく、安定したファンを獲得しているゲームブランドです。

【Good】guiltyが評価されている点3つ

それではguiltyが評価されている点を見て行きましょう。

・輪姦・陵辱色が強い
・CGが綺麗
・精液が濃すぎる

冒頭でも述べましたが、guiltyは非常に輪姦・陵辱色が強いゲームです。レイプで女の子の心も身体も徹底的にズタボロにしているため、陵辱が大好物の方にはたまらないシチュエーションがたくさんありますよ。拘束なんて序の口です。

そしてその陵辱的なシーンが、綺麗なCGで再現されているのも評価されています。輪姦だからか精液もたっぷりで、女の子の身体にまとわりつく粘っこい液体が溜まりません。ただ精液だけで見ると、「アトリエかぐや」もなかなかとんでもない精液量ですよ。

【Bad】guiltyが批判されたことがある点2つ

guiltyが批判される点としては、以下があげられます。

・内容がニッチすぎる
・シナリオが微妙

goodでも取り上げましたが、guiltyのエロゲーはとにかく陵辱好きにむけて作られています。内容がニッチ過ぎる故に、ノーマルセックス・純愛セックス好きにはおすすめできません。陵辱好きの中でも好き嫌いが分かれます。

レイプに重きを置いているので、作品の中には前戯ナシに突っ込みまくりの作品もありますよ。そしてエロシーンは最高ですが、シナリオにはあまり凝っていない作品も多数。ただ設定は作り込まれているため、シナリオをある程度自分で補完できる方は問題ないでしょう。

guiltyのエロゲーおすすめTOP8

さて早速guiltyのおすすめエロゲーを、8つほどご紹介します。ホームランこそありませんがどの作品もクオリティが安定しているため、1作品プレイして気に入ったのなら全作品楽しめるでしょう。

輪姦シーンはそれぞれの作品でシチュエーションが違いますが、雰囲気は大体一緒です。体験版でもある程度雰囲気はつかめるので、是非ダウンロードして遊んでみてくださいね。

「ヘルタースケルター」母娘が数日間ずっと輪姦祭りの贄になる

ダウンロード対応OSWindows:Vista/7/8/8.1/10
価格5,908円(税込)
ジャンルADV
エロ度★★★★☆
プレイ時間5時間程度

「ヘルタースケルター」は家族旅行で訪れた村の秘密のお祭り(輪姦祭り)で、レイプされちゃうストーリーです。拘束されてまんこにちんこを突っ込まれたり、嫌がっているのに無理矢理フェラをさせたりと、やりたい放題の輪姦をしています。

秘密のお祭りは「シシ追い祭り」の名がついており、村にいる女性を数日間かけてなぶり倒すお祭り。好きなときに好きなだけ身体をもてあそばれて、徐々に快楽に身を落としていく女性達の姿が溜まりません。

すぐに快楽堕ちはしないため、即快楽オチが苦手な人は絶対楽しめると思います。2007年の作品ですが、当時の作品とは思えないくらい綺麗なCGです。

ヘルタースケルターの評価されてる点

とにかくモブの数が多くて、まんこが壊れるんじゃないかと思うほどの人数で彼女たちを輪姦します。エロシーンの演出・CGの評価は高いですが、シナリオに関しては賛否両論ある様子。

声優は戦乙女ヴァルキリーにも出演している「一色ヒカル」や「白井綾乃」が担当しており、声フェチの方でも十分楽しめますよ。

絵よし、声よし、設定よし。(中略)グラフィックや声のキャストは完璧でした。
引用:FANZA

2007年に販売されたゲームですが、イラストもかな美しいため違和感なくエロを堪能できるエロゲーです。

ヘルタースケルターが批判されている点

ヘルタースケルターが批判されている点としては、シナリオがあげられます。主人公である男性キャラクターがいるのですが、女性達がレイプされているシーンも竿役として躍り出ることはなく、とにかく最初から最後まで影が薄いです。

またエロシーンとしては最高ですが、シナリオとしてみると違和感があるエロ脚色があり、気になる人は気になるかもしれません。

「ヘルタースケルター」をFANZAで確認する

「乙女蹂躙遊戯」強気女子を調教して快楽に突き落とせ!

ダウンロード対応OSWindows:2000/XP
価格2,933円(税込)
ジャンルAVG
エロ度★★★★★
プレイ時間5時間程度

好き勝手男達になぶられているエロシーンよりも、じわじわと調教して快楽に堕としていくのが溜まらなく大好きな方におすすめなのが「乙女蹂躙遊戯」です。先ほどご紹介した「ヘルタースケルター」では拝めない、強気なヒロインを快楽の淵に堕としていきます。

気の強い生徒会長や運動部部長を、デブや老人に陵辱させているのがかなりおすすめポイントです。徹底的にヒロインの心を折っていくような、精神から責めていくシチュエーションが大好きな人はたまらないでしょう。

エロシーンに関しては、制服やスクール水着など学生を彷彿とさせるコスチュームを多く採用しています。よくある調教ゲームではありますが、guiltyの十八番である輪姦も十分に楽しめるエロゲーです。

乙女蹂躙遊戯の評価されてる点

乙女蹂躙遊戯はguiltyの作品だけあって、CG・イラストレーターへの評価が高いですね。またシナリオもguiltyエロゲーの中では評価が高く、違和感なく最初から最後までゲームを楽しめます。

絵師さんが最高にイイ仕事をしていると思います。
SEやBGVも充実していて、エロいことこの上ない。
シナリオもシチュエーションも◎。
引用:FANZA

シチュエーションもそうですが、個人的にはヒロインの性格設定もかなり評価できるポイントだと思っています。陵辱×強気ヒロインは十八番ではありますが、陵辱内容が老人・デブに犯されるなど徹底していたのが良かったです。

乙女蹂躙遊戯が批判されている点

批判されている点としては、攻略の複雑さがあげられています。攻略サイトを見ないとコンプリートが難しいため、少しだけ手間がかかってしまうでしょう。

エロゲーは徐々に「感覚で選択肢を選んでも全エンドがコンプリートできる」ようになっている印象ですが、2006年に発売された「乙女蹂躙遊戯」はそうも行かないようです。

ただ攻略サイトを見れば簡単に攻略できるので、そこまでマイナスポイントとして考えなくても良いでしょう。

「乙女蹂躙遊戯」をFANZAで確認する

「輪罠」男装女子を徹底的に輪姦!男子校に忍び込んだヒロイン

ダウンロード対応OSWindows:2000/XP
価格2,933円(税込)
ジャンルAVG
エロ度★★★★☆
プレイ時間5時間程度

「輪罠」は兄の死を受けたヒロインが、死の真相を探るために兄の通っていた男子校に潜入するストーリーです。始めに断っておきますが基本的にはヌキゲーで、ミステリーのような気持ち良い爽快謎解き系ストーリーに期待しない方が良いでしょう。

ただguiltyのシナリオ・真相の中ではかなり作り込まれていて、個人的にはトップレベルで面白いと思います。男装して男子校に潜入するヒロインですが、正体がバレてしまいそのまま男子生徒に輪姦されまくるストーリーです。

男装している男勝りなふりをしている主人公が、男子生徒達に無理矢理レイプされる姿がたまりません。guilty作品全般にいえますが、女の子が嫌がっている姿が最高です。

輪罠の評価されてる点

イラストやエロさは、流石guilty。ユーザーからかなり高い評価を得ています。

絵・エロさ・背景音など、全体的にかなりよかったです
抜きゲーとしては評価は☆5
この手のゲームが好きな人は買いだと思います
引用:FANZA

原画担当は「椋木尋」さんで、先ほどご紹介した「乙女蹂躙遊戯」の制作にも携わっています。guiltyのエロゲーには4つほど関わっており、どれもイラストに高い評価を得ているので、イラストが好みの場合は椋木尋さんの作品を見てみても良いでしょう。

「乙女蹂躙遊戯」「乙女恥曝遊戯 」「Last Waltz」と今ご紹介している「輪罠」の制作に携わっていますので、気になった方は是非チェックしてみてください。※Last Waltzは今回の記事後半でご紹介しています。

輪罠が批判されている点

輪罠が批判されている点としては、伏線がたくさんちりばめられているにもかかわらず物語の中でひろいきれていない点にあります。最後に真相がわかりますが、少し謎が残る印象。ストーリーを重視する人は、後味が悪い作品になってしまうでしょう。

全体的には綺麗にまとまっていますが、詳細を詰めていくとどうしてもおざなりな印象です。ストーリーを重視してしまいがちな人には、ある意味1番向いていない作品かも知れません。

「輪罠」をFANZAで確認する

「虜ノ旋律」仲間を守るために我慢を重ねるヒロインが健気で可哀想

ダウンロード対応OSWindows:7/8/8.1/10
価格6,213円(税込)
ジャンルAVG
エロ度★★★★☆
プレイ時間6時間程度

虜ノ旋律は合唱コンクールに向けて頑張る少女達のお話で、ヒロインは6人ほどいます。合唱コンクールに向けて練習を重ねますが、他部活との兼ね合いで姉弟校である帝礼学園を借りて練習を開始。

しかしある日男達に輪姦されてしまいますが、仲間達を守るため誰にも相談できず、陵辱の日々が始まってしまうストーリー展開になっています。導入部分の日常シーンが丁寧に描かれている故に、輪姦シーンでの胸の痛みはguiltyエロゲー最高レベル。

しかも主人公は周りに陵辱の事実を隠しているので、仲間達の前では日常を演じなければなりません。コレ系のスパイスが好きな方には、かなり刺さる作品でしょう。

虜ノ旋律の評価されてる点

虜ノ旋律が評価されている点としては、冒頭で軽く触れた「日常と非日常のギャップ」と「アナルセックス」でしょう。日常部分が丁寧に描かれているため、陵辱シーンの残酷さが際立っています。

プレイ内容もアナルセックスなど、割とマニアックなプレイを採用しているのが良いですね。陵辱系が好きかつ絵柄が好きであれば、かなり楽しめる作品だと思います。仲間のためにジュボジュボ犯されるのに耐えるヒロインの姿には、クるものがあるでしょう。

虜ノ旋律が批判されている点

guiltyの十八番である「輪姦」を楽しめないのが、虜ノ旋律の批評されている点といえるでしょう。特典でしか楽しめず、物語に輪姦プレイが含まれていません。「虜シリーズ」は期間限定特典が良い仕事をしていて、正直製品自体に期待してはいけないのかも。

guiltyファンとしては輪姦を楽しみたくて購入している人も多く、そういう方にとっては少し残念な作品といえます。

「虜ノ旋律」をFANZAで確認する

「虜ノ鎖」CGが超絶綺麗な陵辱エロゲー!

ダウンロード対応OSWindows:7/8/8.1/10
価格6,213円(税込)
ジャンルAVG
エロ度★★★☆☆
プレイ時間10時間程度

陵辱が好きだけどCGが綺麗じゃないとプレイができない!というエロゲーマーにおすすめなのが、「虜ノ鎖」です。無印の他にモーション有りバージョンもあります。初めて購入する場合は、モーションの購入がおすすめですよ。

それぞれの目標に向けて勉学・部活に励む少女達が、不幸に巻き込まれて陵辱されまくるストーリーになります。2010年以前より輪姦色が少なくなってきたguiltyでしたが、こちらではしっかりと輪姦プレイが盛り込まれていますよ。

モーションのクオリティもそこそこ高く、よりエロいシーンを楽しめるでしょう。エロゲメーカー「アトリエかぐや」など、モーションに定評のあるエロゲーメーカーのモーションには負けてしまいますが、ヌクには十分です。

虜ノ鎖の評価されてる点

虜ノ鎖の評価されている点としては、シナリオの良さがあげられます。冒頭の日常部分のシナリオに十分尺がとられているため、エロシーンの陵辱部分がより際だってエロく見える。

序盤長すぎ、中盤単調すぎ、絵は◎
抜きゲーでありながら、最初のエロCGまでの道のりがやや長いです。
これ自体は大した不満ではないですが、後述の中盤以降の単調感のせいでどうしても序盤の長さが悪目立ちしてしまいます。
引用:FANZA

エロシーンまで長すぎるとの不満もあるようですが、筆者的には必要なストーリーかなと感じました。ただ確かに後半のエロシーンから単調気味なので、もう少し後半のエロシーンにバリエーションがあっても良かったのかもしれません。

また快楽責めもあって、痛いだけの陵辱が苦手な方にもおすすめできるエロゲーです。

虜ノ鎖が批判されている点

虜ノ鎖はヒロイン視点でのストーリー展開のため、従来の男性視点のエロゲーをプレイしている方にとってはかなり違和感を感じてしまいます。

筆者的には1時間ほどプレイした時点で徐々に慣れましたので、あまり問題視・マイナスポイントとして見る必要がないと感じていますが、プレイヤーによってはずっと慣れないままプレイするはめになるかもしれません。

この点は他のguiltyエロゲーにも散見しますので、ゲーム進行は誰視点なのかを確認しておくと良いでしょう。

「虜ノ鎖」をFANZAで確認する

「Last Waltz」無人島でマネージャーが男子部員に蹂躙される!

ダウンロード対応OSWindows:Vista/7/8/8.1/10
価格5,908円(税込)
ジャンルAVG
エロ度★★★★☆
プレイ時間10時間程度

「Last Waltz」は孤島に取り残された運動部男子達と、マネージャーがランデブーを起こすエロゲーです。孤島に取り残されてしまって精神が消耗される状態で男子部員が正常にいられるわけもなく、女子マネージャーをとことん輪姦してしまいます。

ぼろ雑巾のごとく投げ捨てられる女子マネージャーはまさに壮観で、輪姦・陵辱・レイプが大好きな方にはたまらない作品でしょう。キャラクターによって即オチと最後の最後まで抵抗してくれるのが良くて、幅広いニーズにマッチしているエロゲーといえます。

イラストも流石のguiltyクオリティで、安心して最後まで見られますよ。性欲満載の男子部員に犯されまくる、マネージャーを見たい方は是非プレイしましょう。体験版ダウンロードsiteからの購入がおすすめです。

Last Waltzの評価されてる点

guiltyの陵辱シーンには、おじさんやデブなどちょっとキモ系モブが入ってくるシチュエーションが多いです。しかしLast Waltzは、ほとんど同い年のような男子部員が相手なので安心して見られます。

人によってはより陵辱感を与えるためにキモいモブ男がいた方が良い人もいらっしゃるかもしれませんが、それは他作品でも楽しめます。guiltyの作品を初めて楽しむ方でも、あまり力むことなく安心して最後までエロい陵辱を堪能できるエロゲーです。

Last Waltzが批判されている点

CGがおざなりであるのが、「Last Waltz」の批判点ではないでしょうか。CG自体はとても綺麗ですが、ただただ精液を増やしただけのCGが連続する場面がありちょっと残念に思うエロゲーマーもいるようです。

ただシチュエーションはかなりエロいため、ヌキゲーとしてはしっかりと機能します。

「虜ノ歪」をFANZAで確認する

「虜ノ雫」豪華客船でなぶられるヒロインがたまらない!

ダウンロード対応OSWindows:7/8/8.1/10
価格7,480円(税込)
ジャンルAVG
エロ度★★★☆☆
プレイ時間6時間程度

「虜ノ鎖」や「虜ノ旋律」は学園舞台でしたが、「虜ノ雫」は豪華客船が舞台です。アルバイトとして豪華客船乗り込んだ矢先に、汚い男達に陵辱を受けてしまうストーリー。

虜シリーズ全般にいえるかもしれませんが、製品版は豪華客船に期待できるエロシーンが少なく、期間限定で販売されていたパッチが本命であるのが残念ですね。公式が1度だけパッチを売り始めたことがあるようなので、またパッチを配布する期間を待ちましょう。

かなりエロいシーンが盛り込まれており、陵辱好きなら絶対に抜けるはずです。安定のguiltyクオリティですね。ヒロイン視点で描かれていて、感情移入できる人はかなり心が抉られる作品だと思います。

虜ノ雫の評価されてる点

虜ノ雫の評価されている点としては、ヌケるシーン・シチュエーションがたくさんあるところがあげられるでしょう。回りくどくなく、ストレートに女の子を陵辱しています。羞恥心をあおるとかではなく、ダイレクトに女の子の身体を陵辱しているプレイが老い印象。

私はストレートに攻撃するほうが好きなので合いました。すごくわかりやすく抜きゲーな感じ。バックログからシーンを再生し直すシステムが付いてるのでリプレイも快適でビビる。
引用:FANZA

システム面も賞賛されていて、シーンのリプレイも簡単なのが良いですね。

虜ノ雫が批判されている点

批判されている点としては、メーカーの売り方でしょう。販売されてから期間限定で追加パッチを販売しており、それ以降にパッチを購入しても買えません。しかもそのパッチの内容が問題でして、ヌケるエロシーンがパッチに多く収録されています。

本編よりもパッチのエロシーンの方が充実しているせいで、ユーザーがかなり困りました。パッチがまた再販されたら、購入してみるのがおすすめですよ。ちなみに以前再販されたときはDLコンテンツにはパッチがついていなかったため、購入時は勘違いしないように気をつけましょう。

「虜ノ雫」をFANZAで確認する

「俺の上であがく六人の伽女」裏社会に身多く主人公が最高に格好良い!

ダウンロード対応OSWindows:7/8/8.1/10
価格8,030円(税込)
ジャンルAVG
エロ度★★★★☆
プレイ時間8時間程度

「俺の上であがく六人の伽女」は、guiltyの中では珍しく裏社会をモチーフにしたエロゲーです。借金の取り立てのような仕事をして生活をしている主人公が、流れでターゲットの債務者の娘をマンションの隣の部屋に住まわせることに。

主人公が空気になりがちなguiltyのシナリオですが、今回は珍しく主人公が格好良く描かれているのが最高ですね。主人公がしっかりと息をしている、guiltyのエロゲーを楽しみたいなら「俺の上であがく六人の伽女」がおすすめですよ。

ちなみにタイトル通りヒロインは6人いて、ボリュームはかなりあります。価格に見合ったエロシーンを堪能できるでしょう。

俺の上であがく六人の伽女の評価されてる点

「俺の上であがく六人の伽女」は主人公が格好良く、女の子も徐々に主人公の性格に飲まれていくのがみどころじゃないでしょうか。他のguiltyエロゲーではなかなか楽しめません。

最初はイヤイヤ言いながら徐々に主人公の情の厚さに絆されていく女の子が可愛かったです
引用:FANZA

エロシーンも濃厚で、guiltyのエロゲー初心者の方でも十分楽しめる内容だと思います。

俺の上であがく六人の伽女が批判されている点

批判されている点としては、シナリオがありきたりな点。どこでも使われているようなシナリオがたくさんあるので、あまりオリジナリティを感じませんでした。エロシーンは良いのですが、それ以外のシーンにあまり魅力を感じられません。

「俺の上であがく六人の伽女」をFANZAで確認する

guiltyエロゲーでおすすめしない作品

最後はguiltyエロゲーでおすすめできない作品を、1つだけご紹介して終わりにします。筆者視点でのお話なので、もちろん合う人は合うので参考程度に見てみてください。

結論おすすめできない作品は、「乱れる姉教師と隣の部屋で喘ぐ妹」で、2016年に販売された作品です。

「乱れる姉教師と隣の部屋で喘ぐ妹」シナリオが単調かつチョロイン

ダウンロード対応OS
価格7,480円(税込)
ジャンルAVG
エロ度★☆☆☆☆
プレイ時間5時間程度

「乱れる姉教師と隣の部屋で喘ぐ妹」は、女教師に恋する主人公のストーリーです。教師との恋愛なんて無理だと諦めていた主人公ですが、父親の再婚の話を受けて人生が180度変わります。憧れの女性と、同じ屋根の下で過ごすことに。

それ以外にも幼なじみなど、合計3人のヒロインとイチャイチャできますよ。一見最高なエロゲーに見えますが、ヒロインはチョロインでしかもシナリオがかなり単調。guiltyクオリティのイラストは最高ですが、シナリオに抑揚がありません。

またNTRジャンルではありますが、ストーリーに抑揚がないためそこまで凝っていない。ヒロインが3人いますが、それぞれのシナリオが薄い。これらのことから、筆者的にはあまりおすすめできない作品です。少なくともguilty初めてのエロゲーには向いてないのは確か。

「乱れる姉教師と隣の部屋で喘ぐ妹」をFANZAで確認する

guiltyのエロゲーを初めて遊ぶなら陵辱・輪姦系がおすすめ!

guiltyのおすすめエロゲーを、8つほどご紹介してきました。guiltyは陵辱エロゲーに定評があり、特に一時期は輪姦系のエロゲーを多くリリースしてきたブランドです。2010年あたりから輪姦系は少なくなって来ましたが、現在も輪姦描写がある時はかなり高い評価を得ていますよ。

・guiltyは輪姦・陵辱系に長けている
・代表作は「ヘルタースケルター」
・期間限定のパッチに気をつけて

guiltyは今後も期間限定特典であるパッチを販売する可能性が高いので、よりエロい作品を楽しむためには情報収集を怠らないようにしましょう。公式Twitterがありますので、そちらをフォローしておくのがおすすめですよ。

guiltyの陵辱系エロゲーは真面目・強気なヒロインの心をとことん折っていくのが最高で、陵辱系大好きな方には外せないエロゲーメーカーといえるでしょう。快楽に堕ちていく過程はもちろん、壊れていく過程も存分に楽しめます。