ヌーべーの全エロシーン8つが集結| ヌケるエロシーンを全揃え

ネットで「ヌーベーのエロシーンがガチでエロい」と噂されていますが、実際どのシーンが1番エロいのか・全体でどんなシーンがあるのか気になってしまう人も多いでしょう。結論ヌーベーは漫画28巻が最もエロく、全体的に男子のラッキースケベが多いです。

この記事では、ヌーベーのエロシーンを10選をまとめました!怖い話とヌケるエッチなシーンの、絶妙なコラボレーションをお楽しみください。

ヌーべーのエロシーン特徴

エロシーンのジャンルコメディチック
エロ描写の鮮明度★★★★☆
エロ描写の長さ★★★☆☆

ヌーベーのエロシーンは、短くコメディチックでありながら少年心をくすぐる「チラリズム」を感じられるのが魅力です。ガンツやベルセルクに比べるとエロシーンのカットは短いですが、シーンによってはガッツリとおっぱいを舐めていたり全裸の女性が多数存在するシーンもあります。

直接的なセックスの描写はありませんが、おっぱい舐めやお触りの描写は比較的きっちりと描かれているのが特徴です。女性キャラは華奢で、90年代の美少女が妖怪に好き勝手されているシチュエーションに興奮します。

ちなみに登場人物は小学生が多いですが、小学生とは思えない発育の良さです。ロリ好きにもたまらない、そんな少年漫画になっています。

ヌーべーの全エロシーンランキングTOP10

それでは早速、ヌーベーの全エロシーンをランキングでご紹介します。全体的にパンツのチラリズムは多いため、そちらは省きました。パントラ以上のガッツリとヌケるような、エロいシーンを集めています。

1位:「まんこ丸出しで初登場を迎える妖怪・眠鬼」

眠鬼(みんき)がまんこ丸出し(シール処理済)で登場する回で、実はこのシーンが初登場です。初っ端からしばらくはノーパンかつきわどい服装で過ごしており、全く羞恥心もありません。

初登場でもこの様なので、以降もパンツに関するありとあらゆるエロシーンを網羅しています。ちなみに28巻の初回登場回からの3話は、全体を通してエロが過激です。色々な登場人物の服を脱がせたりと、自主的に動いていました。

ぬーべーのエロシーンがいかがなモノか見たい人は、28巻から購入しても良いかもしれません。ちなみに上の画像で分かりますが、乳首が立ってます。

2位:「眠鬼が男子をパンツに変身させ女性陣に着用させる」

ヌーベー史上最強のエロ回とも言われている、「鬼の目にも涙!?」という話です。見て分かると思いますが、先ほどご紹介した眠鬼(みんき)が暴れまくる回になります。

パンツを取り戻し力も取り戻した眠鬼(みんき)が、男子をパンツに変えてしまいました。男子をパンツ姿から取り返したいなら、パンツ(男子)を履けと言い渡します。

背に腹を変えられない女子が、しょうがなくパンツを履くと男子は鼻血を出すなどある意味大暴れ。「こいつら感覚そのまま残ってるわよ」のセリフは一見笑ってしまいますが、男性に感覚を想像させるための最高に良いセリフですね。

眠鬼(みんき)初登場回同様、28巻で見られます。

3位:「ドエロイ声を出しながら出産(妖力解放)するシーン」

雪女であるゆきめが、喘ぎながら妖力を解放するシーンです。ネットでは主に、「ゆきめの分娩シーン」「出産シーン」と呼ばれています。下着姿でベッドの上で苦しんでいるのですが、まさに声だけ聞いているとセックスをしているように感じました。

しかも夜に薄暗い部屋で、苦しそうに高い声で喘いでいるので、当初放映されたときは食卓が凍り付いたに違いありません。四つん這いで苦しそうに息をしながら、「先生……!」と叫ぶ姿がたまりません。

苦しそうな女の子が好きな方はもちろん、至ってノーマルな人でも楽しめます。分娩シーンはアニメ版26話で閲覧可能です。

4位:「人魚が人間に変身!後ろからの全裸描写とエロいポーズ」

無邪気なキャラでまんこを開く、速魚(はやめ)のシーンです。後ろからの描写ではありますが、このシチュエーションはなかなか見られるモノではありません。コメディ調で描かれていますが、現実でこのようなシーンがあったらかなりインパクトがあるでしょう。

おそらく前から見ると、胸もまんこも全て見えているに違いありません。その証拠に、目の前で見ている男性陣の鼻からは、大量の血がでています。

実はこの速魚は人魚で、人間の姿になるとついついオマタを広げてしまう女性。人間に関して無知かつ、眠鬼のように羞恥心がありません。

単行本17巻で見られます。

5位:「ぬるぬる触手と怒濤のカオス!絵で抜けるシーン」

エロが減ってつまらないと言われている、「地獄先生ヌーベー NEO」にもエロシーンが存在します。とはいっても本編に比べるとかなりエロが低迷し、本編ほどのチラリズム頻度を期待していると落胆が酷くなるので注意が必要です。ヌケる人はヌケるエロ多め。

上記のシーンは通称「変態エステ回」。もはやエロ漫画の触手と変わらないような、濡れ感のあるエロを楽しめます。

あくまでもエロ漫画ではないので、隠れるところはきっちりと隠れていますが正直その隠れている場所の妄想がはかどって逆にエロいです。女の子が嫌がりながらも振りほどけず、なすがままにされてしまう姿が好きな方は是非ご覧ください。

「地獄先生ヌーベー NEO」で閲覧できます。

6位:「触手にショタがいじくりまわされる」

玉藻がショタ化して触手にあれこれされる話も、結構絵がエロいです。細い多数の触手にヌメヌメと襲われてしまっている上に、身体中がボロボロなのが良いですね。異種姦好きや無理矢理系の話が好きな人には、たまらないでしょう。

特に脱ぐとかはありませんが、触手という概念にエロさを感じる人はおすすめです。単行本26巻で閲覧できます。

7位:「怪奇現象で制服が焼き尽くされ、あらわになる下着」

「全裸じゃなくて着衣が良い」と思う方に是非見て欲しいのが、葉月いずなの制服が燃えて下着姿になるシーンです。怪奇現象として現実に起こっている「人体の自然発火」をモチーフにしており、その発火により制服がキレイに焼け落ちています。

もちろん現実の自然発火は肉体までも焼けてしまうので、制服だけ脱げるのは大きな力が働いていますね。作者のフェチズムがチラ見えしています。セーラー服が脱げて、下着姿がポロリと見えたシーンに抜けること間違いなし。

本人は本気で焦っているのも、フェチの性癖に刺さるでしょう。ちなみにこちらはアニメ版「40話」で閲覧できます。

8位:「銭湯から飛び出てきたのはすっぽんぽんの女性陣」

ヌーベーを当時見ていた人が1番印象に残っているであろう、銭湯から女性陣が全員全裸で飛び出てくるシーンです。漫画55話で閲覧できる「妖怪あかなめ」に収録されていたシーンで、最後のエロシーンとは裏腹に以外に怖い話でした。

55話と初期なので、大分エロは軽減されています。正直インパクトがあるだけで、妖艶さはエロさはあまり感じないでしょう。エロシーンを見たいがだけに、7巻(55話)を購入するのはおすすめしません。

パンツのチラリズムや、ちょっとしたエッチなポロリは乗っています。ちなみにリツコ先生のまんこの隠しシールが大きめだったので、陰毛が多かったのかもしれません。下半身もしっかり描写していたのであれば、無修正を見てみたいですね。

9位:発育の良い小学生の健康診断回

次におすすめするのが、小学生女児の健康診断回です。小学生とは思えない発育のおっぱいを持った登場人物達が、こぞってお着替えをしています。パンツ1枚で待っているシーンは、絶妙にリアリティを感じられるでしょう。

ちなみにこちらのアニメのメインは、妖狐・玉藻とヌーベーが史上最強に格好良いバトルシーンを繰り広げる回です。エロがメインではないので、エロを見たいがためにわざわざ購入して見るのはおすすめしません。

単行本16巻とアニメ39話で閲覧可能です。

10位:「女体が巨大化!まんこもおっぱいも規格外」

「地獄先生ヌーベー NEO」に掲載されてネットで話題を呼んだのが、女体の巨体化。どんどんムクムクと大きくなってしまい、皆がてんやわんやする回です。

巨大おっぱいと巨大まんこで、度肝を抜かれた人も多いのではないでしょうか。巨大なおっぱいをトランポリンのように乗って、パフパフしている男性キャラもいます。四つん這いで森の中に這うシーンは、まさにAVのバッグシーンですね。

色々ギリギリを責めたストーリーですが、巨体化の異常性に笑いしかでてこない人がほとんどの様子。気になる方は、「地獄先生ヌーベー NEO」を購入してみてください。おそらく異種姦などマニアックな趣味を持っていると楽しめます。

ヌーべーのエロシーンを見たいなら、購入してみてください!

ヌーベーのエロシーン10選をご紹介してきました。小学生・中学生時代に読んでいた方は、かなり印象に残っていたシーンもあったのではないでしょうか。結論ヌーベーは単行本28巻が1番エロシーン・エロ回が多めで、ヌケるシーンも多数あるのが分かりました。

・単行本は28巻が1番エロい

・ゆきめの分娩・出産シーンの声がヌケる

・眠鬼・速魚がでる回は大体エロ回

ヌーベーのエロシーンを見たいなら、そのキャラクターの個性を知ってから見るのがおすすめです!1巻から話の流れを理解しながら見ると、もっとエロシーンを堪能できます。是非単行本を購入して、エロシーンを堪能してみてくださいね。