インゴシマの全エロシーン16つが集結| 大興奮必須のSEXが豊富に登場!

インゴシマの全エロシーン16つが集結| 大興奮必須のSEXが豊富に登場!

「エログロが凄い」「レイプシーンは普通にあるらしい」と噂のインゴシマですが、実際にどのようなエロシーンがあるのかが気になってしまいますよね。そこで今回は、インゴシマの全エロシーンを16つまとめました!

11巻までに収録されたエロシーンをなるべく網羅しているので、全貌が知れるはず。エロ漫画顔負けの陵辱シーンもあり、精神的にもボコボコに犯される女の子が見られます。

インゴシマのエロシーン特徴

エロシーンのジャンル凌辱、レイプ
エロ描写の鮮明度★★★★★
エロ描写の長さ★★★★★

もはやエロ漫画と言われている、「インゴシマ」。実際に中身を確認してみると、エロ漫画顔負けの乳首の描写とエロシーンの頻度で、ヌケるシーンが多くある漫画です。高校2年の女子高生がボコボコに犯されるシーンはもちろん、男子がエロい目に会うシーンもあります。

インゴシマは修学旅行の途中に遭難してしまった、ひとつのクラスに焦点を当てた物語。エロい内容が大半ですが、エロなしでもスリリングあふれる描写・ストーリー展開であるのが魅力です。NGがほぼなしなので、猟奇的なシーンも多数あります。

全体を通して乳首はしっかりと描かれており、まんこも結構きわどいところまで描かれていました。時と場合によっては、陰毛らしきものも見えるような気がします。まんこをいじられているときのキャラクターの表情は官能的で、火照った表情だけで射精までいけるエロさです。

インゴシマの全エロシーンランキングTOP16

それでは早速、インゴシマの全エロシーンをご紹介します!正直エロシーンは書ききれないほどあるので、今回はおっぱいをいじられているだけなどの表現は紹介しません。

「印象的・重要なエロシーン」と「セックスシーン」「オナニーシーン」「レイプシーン」など、ヌケるシーンのみ厳選しました。最後まで読むと、お気に入りのシーンがきっと見つかるでしょう。

1位:「桐花が葵のマンコに指を差し入れグチュグチュに犯す」

インゴシマ8巻の91話から収録されている、葵と桐花のエロシーンです。両手を縛られた葵が、桐花にマジモノ(媚薬のようなもの)を刷り込まれなすすべなく快楽に飲まれていきます。

葵のまんこに指をあてがいツプリと挿入したら、そのままジュクジュクと指ピストンが始まります。「駄目!」と言いながらも、快楽に負けてしまいほだされていく姿が可愛いです。連続で潮を吹いてさらには、ガクガクと足を震えさせて余韻に浸ります。

ちなみにこの後桐花はガモウにアナルファックをされ、戸惑いの声を上げていました。一方の葵はその衝動で、舌を清らに出しながら絶頂へと向かいいます。まんこにずっぷりと指を入れられて喘ぐ、葵の姿を見たい人は必見です。

2位:「まんこに双頭バイブを入れた状態で吊され見世物にされる」

次のご紹介するのは、島の中でも最下層である民の性奴隷となった豊橋と佐々木がまんこを棒で繋がれ、高い位置につるされて見世物になっているシーンです。インゴシマの中でもトップレベルにムゴいシーンで、7巻に収録されています。

両端が亀頭の形をした、いわゆる双頭バイブで繋がれていました。どちらかが快楽を感じ痙攣してしまうと、もう片方の方に押し出されて快楽が生まれ……の繰り返しです。愛液の分泌で滑りも良くなり、膣痙攣も増えてくると2人は絶頂を繰り返します。

ついには2人のまんこからひねり出され、バイブはぽとりと地面に落ちました。双頭バイブの責めも終わってぐったりしていても、2人を構う人はいません。濡れ感とスピード感溢れるエロシーンで、陵辱が好きであれば間違いなくヌケるシーンです。

ちなみにこの後ガモウの嫁である葵が登場し、2人の姿を見て驚愕します。抗議をしますが、ガモウに胸を強くひねられ何も言えません。

3位:「ガモウと桐花の激しいセックスを目の前で見せ付けられる」

1枚目の画像は、葵がガモウと桐花の行為を見せ付けられるシーンです。葵がガモウの正式な嫁として認められ初夜を行う予定でしたが、ガモウは桐花を指名。そのまま激しいセックスに入ります。最初は顔を背けていましたが、ガモウに言われ仕方なく目を向ける葵。

ガモウに容赦なくピストンされている桐花は、血走った目で葵を見つめてきます。目の前で繰り広げられるセックスに、葵はきっと心の中で「私も将来こうなるのだ」と悟ったことでしょう。

絶望になく葵をたくさん見られるシーンでもあり、桐花とガモウのとんでもない激しいセックスも見られるシーンです。

4位:「ゲス生徒会長に市原がフェラ!」

インゴシマ3巻に収録されているシーンで、ゲス生徒会長が市原に全裸になるよう強要しているシーンです。ゲス生徒会長は、食べ物や飲み物などを隠し持ち、それを交渉材料に市原に全裸を求めます。

下着姿でも満足はせず、全裸になるよう指示していました。ゲス生徒会長は置いておいて、パンツを脱ぐシーンはとても官能的。そしてその後、ちんぽに水を垂らして「ここから水を飲め」と指示していました。

もはやフェラです。フェラ体勢で、顔を赤くしながら水を飲んでいる市原がたまりません。フェラ好きにおすすめのシーンです。

5位:「コリオに犯される高崎のシーン」

134話あたりから、コリオと高崎のホモシーンが入ります。女性達だけが痛めつけられるのではなく、男性も同様の扱いをされるのもインゴシマの魅力のひとつでしょう。意識を失った高崎は、コリオにそのままアナルファックの経験をさせられてしまいます。

絵面だけみると、おそらくコリオが勝手に高崎のちんぽにまたがっているようでした。スピード感溢れるピストンと濡れ感あるコリオの表情に、ついつい惹き込まれてしまいます。狂気じみた喘ぎ声を出しながら、好き勝手腰を振る姿がたまりません。

筋肉質な高崎が、なすがままにチンポを使われ気絶してしまうのが可愛いですね。

6位:「媚薬が充満した部屋で股を開いてオナニーする佐々木と豊橋」

教え子2人と若林先生が、媚薬が蔓延した部屋に閉じ込められるシーンで、8巻に収録されています。室内に媚薬が充満していると気づいた時には既に遅く、教え子も若林先生も性欲の我慢が聞かない状態です。

教え子達は自分でまんこを弄り回しており、若林先生はその誘惑に耐えてオナニーをするシーン。誰もが我慢できないだろうこの状況に見事に耐え抜く、若林先生の根性が見られます。

教え子たちは潤んだ瞳で、自ら足を開いて開脚オナニーをしているのでヌケる事間違いなし。頬を赤らめて、快楽に従順になっている姿がたまりません。

7位:「見張り役に自ら股を開き取り入る薫子」

インゴシマの6巻で、自らの力で島を抜け出す決心をした薫子が島の住人を手玉に取るシーンです。豊橋と佐々木が精神を崩壊させる姿を見て、見張り役に取り入ります。最初は豊橋と佐々木に申し訳なさを抱いていましたが、次第にその気持ちはどこかにいってしまいました。

見張りを見事自らの手に入れ、逆に見張り役を奴隷状態にした薫子。自ら股を開いて、民達のチンポを迎え入れている姿がたまりません。その姿はもはや女王です。

大きなおっぱいを惜しげもなく見せびらかしながら、セックスを楽しんでいます。コレも全ては、ガモウと会うためです。自らの目的のために、精神を殺して進んでいる姿に勃起がとまりません。

8位:「市原と島崎がレイプされるシーン!おっぱい丸出し」

市原と島崎がレイプされるシーンで、5巻で閲覧できます。主人公である東堂啓太と共に行動をしていましたが、諸事情で別行動を取りはじめた2人。それを見計らったかのように、原住民に服を剥かれてしまいます。

身体を好き勝手舐められ触られ、絶望の表情を浮かべる姿がたまりません。力で負けていたのもあると思いますが、おそらく恐怖で心理的に動けない側面もあったでしょう。

この後は別行動を取っていた男子達の助けもあって、まんこは犯されずにすみました。陵辱好きにとっては犯されて欲しいシーンで会ったとは思いましたが、5巻からのエロシーンを考えるとお預けされるのがベストだったかも知れません。

9位:「サカキがアレックスのちんぽでよがる!」

インゴシマ90話の、サカキとアレックスのエロシーンです。擬音が躊躇なく入れられていて、妄想もはかどるシーン。サカキは慣れた手つきでアレックスのチンポを受け入れ、そのまま激しいセックスを始めます。

レイプチックではなく、お互い他お互いセックスを受け入れているのが良いですね。過激で残酷なレイプシーンが苦手な方でも問題なく見られるシーンです。純愛ではありませんが、悲惨さは感じません。

ちなみに最初は側位に近い挿入で、次は正常位で挿入しています。色々な体位が見られる上に、アレックスが拙い弟のように見えるのが最高。お姉さん属性のサカキとセックスをしてみたい、と感じる方におすすめのシーンです。

10位:「アキラが自ら足を開いてアレックスを誘うシーン」

インゴシマ114話の、アキラとアレックスのセックスシーンです。インゴシマの中でも比較的純愛チックなセックスをしていて、ムゴいエロシーンがあまり好きではない方でもヌケ瑠シーンでしょう。

アキラが自ら股を開いて、アレックスを誘い込みます。アレックスのちんぽを掴んで、誘惑をし始める始末。大きくツンと張った胸をユサユサと揺らしながら、アレックスのピストンに耐えます。

ピストンされながら乳首を舐められて、気持ちよさそうにするアキラがたまりません。眉をひそめて、快楽に打ちひしがれ、絶頂を味わうアキラで射精待ったなしです。

11位:「女子高生たちが半裸で並べられるシーン」

1巻のラストに収録された、最初の乳首丸出しシーンです。ヒロインたちがほぼ全裸で登場し、ここから悲惨なレイプがスタートします。このシーン自体は今までと比べてエロいシーンではありませんが、全ての始まりのためエロシーンランキングに入れました。

女子高生がほぼ全裸で、このような見世物にされるシチュエーションはかなりそそります。涙を流して、若干アヘ顔チックになっているのも魅力的ですね。この並べられた女子高生達は、この後見定めされ、宮川葵と田村葉子以外の選ばれなかった4人がレイプされます。

容赦のないピストンと責めに、アヘ顔を隠し切れません。スピード感溢れるレイプと、豪快なピストンに勃起してしまうこと間違いなし。

12位:「教え子に手を出す若林!乳首のシーンが激エロ」

インゴシマ127話で、女生徒たちを守ってきた若林先生の理性がついに決壊します。佐々木の胸を強く揉みしだき、潰れるほどギュっと力強く掴んでしまいました。佐々木は抵抗しますが、力は叶わずなすがまま。

若林先生はすでに自我を失い始めており、「俺はこの島の住人。お前達は俺に守られる弱い存在なんだよ」と言い始めてしまいます。このまま犯されるかと思いましたが、間一髪で豊橋が助けに入りました。

頭を殴られた若林先生は、佐々木のまんこあたりに顔を落とし気絶します。クンニしているような体勢で、かなりエロい絵です。また他のおっぱいシーンよりも、乳首いじりが丁寧に描かれているのでヌケること間違いなし。

13位:「インゴシマRシリーズの犯される薫子」

次にご紹介するのが、9巻のオマケ漫画です。薫子のエロシーンで、一般漫画とは思えない直接的なエロシーンを楽しめます。後ろからガンガンにピストンされたり、ちんぽをしゃぶったりする描写を堪能できるでしょう。

「痛い」と言いながら突かれているので、おそらくかなり奥まで挿入されていると考えられます。子宮の入り口まで届いているのではないでしょうか。

薫子の純潔を、さらに奪われる姿が見たい方におすすめです。

14位:「教え子に裸でサンドされる若林先生のシーン」

戦いに勝ち抜き地位を得た若林先生が、嫁にした2人の女生徒にサンドされるシーンです。少し外の様子を見に行こうとした若林に、今まで悲惨な目に遭っていた佐々木と豊橋がすがりつくシーン。

おっぱいはもちろんモロ出しで、ほぼ素肌の状態にもかかわらず胸を押しつけて若林が自分たちの側を離れるのを嫌がっています。悲惨な目に遭っていたため、ちょっとしたことでも不安が酷く出てしまうのでしょう。

両手に花状態の若林先生のシーンで、直接的なエロはありません。しかし2人が今までの恐怖を思い出してすがりついている、そういった精神陵辱を彷彿とさせるシーンがあるためランクインさせました。

15位:「豊橋と佐々木のカラーアヘ顔!崩壊する精神」

6巻で佐々木と豊橋が、だんだん精神をむしばんでいくところです。薫子も豊橋と佐々木と同様捉えられており、自殺を考える程まで追い詰められていました。しかしこの2人の精神が崩壊していく様を見て、「絶対に脱出してやる」と決心します。

インゴシマは壊れていく表情と、絶望の表情が楽しめる漫画と言えるでしょう。このシーンはそこまでエロくありませんが、薫子が決心をする巻であると同時に、アヘ顔の魅力がかなり高かったのでランキングに組み込みました。

16位:「8巻オマケのジウベエ腹膨れシーン」

本編とは少し離れますが、8巻のおまけのエロい漫画が筆者的には外せません。ジウベエの腹膨れセックスで、エロ漫画顔負けの表情と体の肉厚具合・濡れ具合・セリフの描写がおすすめです。8巻のおまけのようなので、是非妊娠系が大好きな方は見てみてくださいね。

綺麗な曲線美で、このシーンだけでヌケてしまう人も多いのではないでしょうか。

インゴシマのエロシーンを見たいなら、購入してみてください!

インゴシマのエロシーンをご紹介してきました。インゴシマはおっぱい丸出しのシーンがそもそも多いため、直接的な男女の絡みがないシーンはほぼ省いて紹介しています。濃いセックスを見たい人・陵辱やレイプが大好きな人にはうってつけの漫画です。

また作品のストーリーも面白く、背景を知るともっとエロく感じられるでしょう。そのためインゴシマのエロいシーンをもっと存分に堪能したいのなら、まとめて購入するのがおすすめです。

2021年9月現在は11巻までリリースされているので、是非購入してみてくださいね。今夜はインゴシマのエロシーンで抜いて、気持ち良く眠りに就きましょう。